このウェブサイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

 AIを使って作った楽曲は利用規約に注意

AI
スポンサーリンク

TikTokなどでAIを使って作曲をして、YouTubeで公開するなどの方法を紹介している動画があります。

無料で音楽を作ることができることや、作業用BGMなら需要があるなどと言って、mubertを勧めている動画もあります。

でも下記のように商用利用するときは、PRO以上の料金プランを利用する必要があります。

そのためAIで作曲した曲を利用する場合は、慎重に利用規約を調べてから行うことをお勧めします。

スポンサーリンク

mubert

Mubert - Thousands of Staff-Picked Royalty-Free Music Tracks for Streaming, Videos, Podcasts, Commercial Use and Online Content
Mubert - The new royalty-free music ecosystem for content creators, brands and developers 🔥 Come See How Our High-Quality Music Can Elevate Your Content ⏩

mubertは、PRO以上の料金プランを利用することで、商用利用できます。

また生成した楽曲を修正して使う際は、著作権の承諾の手続きが必要になるそうです。

正確なことは、mubertの利用規約で、確認してください。

SunoAI

https://www.suno.ai/

一ヶ月8ドルのプランを利用すると、YouTubeなどにアップロードして収益化の目的で、利用できるそうです。

詳しいことは、SunoAIの利用規約で確認してください。

Musicfy

Musicfy

Musicfyとは、AIを使って音楽を作成できるサイトです。自分の声や公式の音声モデルでAIカバーを作ったり、テキストから音楽を生成したり、楽器を変換したりできます。Musicfyの使い方は以下の通りです。

AIカバーを作るには、「Artist Vocals」または「Parody Vocals」を選択し、音源をアップロード、録音、またはYouTubeのリンクを貼り付けます。

次に、歌わせたいアーティストやキャラクターを選んで「Generate」をクリックします。生成されたAIカバーは「Download」で保存できます。
自分の音声モデルを作るには、「My Voices」を選択し、「+New Voice」をクリックします。アーティスト名とモデルの品質を設定し、音声データをアップロードして「Start Training」をクリックします。学習が終わったら、カバー作成の画面で自分の音声モデルを選択できます。
楽器を変換するには、「Instrumentals」を選択し、音源をインポートします。次に、変換したい楽器を選んで「Generate」をクリックします。

生成された楽器トラックは「Download」で保存できます。
テキストから音楽を生成するには、「Text to Music」を選択し、曲の内容やイメージを説明するテキストを入力します。

次に、曲の長さを指定して「Generate」をクリックします。生成された音楽は「Download」で保存できます。
Musicfyは無料プランと有料プランがあります。無料プランでは、一部の機能や音声モデルが制限されます。

無料で曲の生成ができますが、実際には有料プランを利用した方が良いようです。

タイトルとURLをコピーしました